2013年1月から税務調査はどうなるか

税務調査の内容は透明化され納税者に有利。

2013年1月から税務調査はどうなるか

伝統的なドラマ「マルサの女」や最近まで放送していた日本テレビでのドラマ「トッカン」を観た人ならわかると思いますが、「いきなり税務職員が押しかけてきた」「何の理由もなく押収物としてもっていくな」など、納税者が怒っているシーンが記憶にあると思います。

今般、このような納税者の不満に応えるべく、国税庁は1962年に制定された国税通則法を大幅に改正し、不利な立場にあるとされる納税者に対し、国税職員側に追徴課税の説明義務・調査の事前通知の原則義務を課すというものです。

マルサの女やトッカンは、それぞれ国税局査察官、特別国税徴収官という特異なポジションにあるものの、他の一般国税職員の間では実務上の税務調査業務に混乱をきたしかねなさそうです。

現時点では調査日程・内容の事前通知は税務当局の現場の裁量に委ねられ、8割ぐらいしか実現してこなかったようです。

今回の改正では、事前通知の対象として、調査対象の税目や期間、帳簿資料まで広がっています。

そして、実際の税務調査の過程で発見した申告洩れに対し追徴課税する場合、納税者に対しその理由や説明を原則行わなければならなくなります。

従来、証拠隠滅に疑義がある場合には調査の事前通知は省略できたり、事務作業の簡素化から追徴課税の件数が多い場合には説明を省略できるなど、税務当局に有利な法律でした。

ここへきて一転、2013年1月からは税務調査は納税者に有利に働いていくかもしれません。

とっても面白い税務調査110番というブログ

渡邊勝也の税務調査対策blogという税務調査情報を掲載した面白いブログを、肉体派の税理士さんがAmeba (アメーバ)ブログでやっています。
Amebaというのは俳優や女優、タレントやスポーツ選手などもブログを開設している、ソーシャルネットワークサービスの無料ブログです。

テレビコマーシャルでは、ゲームのことをよく流しているので、税務調査110番はブログとしてはAmebaのなかではかなり特殊です。
税務調査110番は税理士さんのブログで、無料ブログなのですが内容はかなり充実しています。

この税務調査110番は税務調査の情報と、ベンチプレスの情報が半々くらいのブログです。
Amebaらしさと言えば、まさにそういった混沌としたところが、Amebaらしさなのですが、肉体派税理士の渡邊勝也さんのノリがまさに、そういった感じなのです。

ベンチプレスの記録や大会のスナップ写真と、さいたま地裁の判決事例が同時にコンテンツになっているブログというのはそうそうないでしょう。
市川海老蔵似の渡邊勝也さんという税理士さんはなかなか魅力的な人物です。

Ameba (アメーバ)ブログらしいというふうに見えてきてしまうのも個性なのでしょう。
ブログを読んでいて、渡邊勝也さんが40歳だということを知りました。
ベンチプレスで180キロ近くを上げる税理士さんというのでも十分変わっているのに、
ワンピースの大人買いをしたり、キングダムの大人買いをしたりするというのですから本当に変わっています。

40歳、税務調査に強い税理士、Ameba (アメーバ)、ベンチプレス、マンガですから、書いているブログの内容も多岐に渡って面白いのも頷けます。

先日、ゲーム会社のインデックスに粉飾決算の疑いで強制調査が入りましたが、税務調査110番のブログの中でどう解説してくれるかが楽しみです。
インデックスでは実体のない関連会社で架空の取引を繰り返す「循環取引」で売上を水増したそうですが、どういうブログになるのか楽しみです。